塗り替えの目安|周南市・下松市周辺で塗装のご依頼は【有限会社コウト産業】

塗り替えの目安

外壁塗装の必要性

建物の外壁に使用されているモルタル、コンクリート、サイディングなどの素材は水に弱いので、大切な住まいを雨・水・湿気から守るため、塗料による防水保護が必要です。保護をせずに放置しておくと、サビや腐食などを起こし建物自体の寿命も縮めてしまいます。
しかし塗装をしていても、日々厳しい雨風や太陽の紫外線にさらされている外壁は塗装幕が剥がれたりひび割れができたりと劣化していきます。建物の寿命の延ばすには定期的な外壁塗装のメンテナンスが必要です。

塗り替え時期の目安

外壁に下記のような劣化現象が見られる場合は、外壁の塗り替え時期であると言えます。

塗装劣化

堅くて丈夫な表面のサイディングやモルタルなどの外壁でも雨風、紫外線、経年劣化により傷みが出てしまいます。

ヒビ割れ(クラック)

壁にヒビ割れが発生する。(一般に1~3mmのヒビ割れだと雨漏れの可能性がある)

かび、藻

かびや藻の影響で塗料の劣化を早める。

塗膜の浮き・剥離

外壁から塗料が浮き上がっていたり、剥がれていると水が侵入する。

欠落

モルタル部やコンクリートが落ちた状態。

さび

鉄部のサビによって欠落の原因にもなる。

屋根塗装の必要性と注意点

建物の中で厳しい雨風や太陽からの紫外線などに一番さらされているのが屋根部分です。経年劣化による傷みを解消するためにも、定期的な屋根塗装をおススメします。
屋根塗装の場合、本来の目的は建物の寿命を伸ばすことにあり、美観目的だけに走り傷んでいない部分まで重ねて塗り込まないようにします。過度な塗装の繰り返しは、塗装幕を不必要に厚くし、塗膜剥離などを起こしやすくなります。
屋根塗装は安心できる業者にチェックを依頼して傷んでいるところの補修を中心に行うことが必要です。

塗り替え時期の目安

屋根に下記の様な症状が見られたら、塗り替え時期の目安と言えます。

チョーキング

屋根材の塗膜が紫外線と水により加水分解した状態をチョーキングと言います。
金属系屋根材に生じ易いのが特徴です。チョーキングが発生した時点での塗り替え工事が一番ベストです。

退色・変色

金属系屋根材に生じ易いのが特徴です。
一般的に屋根材の場合、特に多くの紫外線・風雨に曝されるので劣化進行速度は速くなります。

カビ・コケの発生

日光があまり当たらない屋根面に発生し易く、また、塗料に含まれる防カビ剤の薬効が なくなってきた場合にもカビやコケが発生し易くなります。

ページの先頭へ

外壁・屋根塗装 無料見積を依頼してみる

外壁・屋根塗装 無料見積を依頼してみる